天龍工業  事業内容(シート、樹脂成形品、輸送機部品)

 ◆体圧分布測定装置を使った評価


シートの座り心地を向上させるために、体圧分布測定装置を使った評価をしています。座ったときの座面または背もたれの圧力分布を測定することで、主観的なあいまいな評価ではなく、定量的なシート評価が可能で、より座り心地のよいシートを開発することが出来ます。

 ◆動的座り心地評価

【 モーションベース導入】
 シートの動的な座り心地評価をするために、「電動6軸モーションベース」を導入して研究しています。6軸の振動装置により乗物の揺れや振動を再現し、シートの座り心地を実環境に近い形で評価しています。
 また、体圧分布測定装置と組み合わせることで、動的な座り心地を時系列で定量的に評価することも可能です。