天龍工業  事業内容(シート、樹脂成形品、輸送機部品)

豊富な技術資産を活かし、安定した経営基盤を築いていくため、特定の分野に固執せず、常に新分野の開拓を目指し、積極的に研究開発に取り組む。そんな創造性、活力、柔軟さにあふれた企業活動の拠点となるのが技術力です。
天龍ホールディングスでは、体圧分布測定器、3D-CAD、振動測定器など豊富な解析・測定機器を駆使し、また、グループの情報・技術をクロスさせて、新規事業の模索に取り組んでいます。
そのほか、グループの産業財産権を一元的に管理するという役割も担っています。
現在は、乗物の移動空間をいかに快適に演出するかの研究開発を推進し、それらはこれまでに築いてきたさまざまな技術ノウハウの複合化により、着実に成果を上げつつあります。