天龍工業  事業内容(シート、樹脂成形品、輸送機部品)

「人間」を見つめて。

                                  



シート事業は、人々に安らぎと快適さを提供するため、
バス・鉄道車両・船舶・航空機など
各種乗物用座席づくりに情熱を燃やし続けて半世紀。
バス用座席では90%のシェアを持つ日本一の座席メーカーとして、
我が国の輸送産業に大きく貢献して来ました。
 機能性・安全性・高速化など、時代と共に多様化するニーズに対応し、
「こんなものが欲しい」を即座にカタチにする姿勢は今後も変わることはありません。

 ◆安全性への先進的な取組み  ◆オーダー対応へのこだわり
時代の要請に先駆けて衝撃吸収などの乗客保護対策の研究に着手、製品化を実現しています。耐久性や難燃性を充分に考慮した製造工程など、多様な方向から安全性の向上に努めています。 お客様によって異なるブランドイメージ、ユーザーのターゲット像、時代によって変化していくユーザーの志向。シート事業ではそのひとつひとつのニーズに、細やかに、即座に対応できる体制を整えています。オーダー対応により、お客様と価値ある満足を共有すること。それが私たちの使命であり、いちばんの喜びであると考えています。
 ◆快適性への飽くなき追求  ◆機能性の充実
先進のコンピューター技術を駆使し、体圧分布測定、振動測定・解析などを実践。
”体格差を問わず誰にでもフィットする”、”長時間の移動でも疲労を少なくする”など、シートに求められるさまざまな理想を追求し、カタチにしています。また、高齢者や弱者にもやさしい、バリアフリーの発想を取り入れた製品開発も積極的に行っています。
より快適なだけでなく、お客様のご要望にお応えするために、電動リクライニング、座面角度調整機構、折り畳み機構など、さまざまな機能を持ったシートの開発や製造をしています。近年ではバリアフリーに対応した身障者対応タイプや車椅子固定用折り畳みタイプなどがございます。